五郎とミルの旅日記

初めての宮島 旅の始まり

2021年10月21日

上陸地点

周防国を出発した僕たちは、岩国から宮島口まで列車に乗り、そこからフェリーで島に渡った。
宮島が大好きな僕は、もう何度もここを訪れているんだけど。
五郎は初めてだから、知らないことだらけだ。

五郎

よーーし、上陸地点は包ヶ浦というんだな。行くぞ!!

ミル

待ちなさい!! それじゃ、毛利元就になっちゃう。まだ教えていないそんな地名をどこで覚えたか? 君は大元浦……いや、僕たちは桟橋からいくんだよ。

五郎

ちっ、せっかく勉強してきたのに……。

世の中には書物ばかりか、ネット情報なども溢れているから、時には子どもにとって有害である(ここもそういう情報源……)。

大まかな流れとして、時系列で通った道を記していく。
次の作業は場所ごとに分類すること。
写真の数は膨大だが、整理すると重複だらけでさほど多くない。

二年にわたって学んできたこと(というか単に見て来たこと)をまとめておくのもいいだろう。
五郎と一緒に。

上陸地点

厳島の合戦で、毛利元就が上陸したのは包ヶ浦。

大内方は大元浦から。

現在の観光客は、フェリーから下りて桟橋を渡る。

 

日本三景碑

桟橋付近には沢山の案内看板がある。
あれこれ楽しいが、これもその中の一つだったかどうか?

ミル

君は「日本三景」がどこだか、きちんと言えるのかな?

五郎

そんなん、香積寺の五重塔と富田の本城と、それにここの厳島神社に決まってるだろ?

ミル

ふうむ。君はとっても、地元愛が強い子です。だけど、厳島神社は入れているのね……。

宮島でこの石碑の前を通ると、ガイドさんたちに必ずきかれると思うよ。
もちろん、丁寧に解説してくださるけど、すらすら言えたらもっとカッコいい。
あまりに有名だから皆、とっくに知っていたかな?

僕も何となく覚えていたのだけど……。
残念ながら、生きている間に見ることができるのはここだけだ。

調べたところ、「日本三景」という認識が広まったのは近世みたいなので、五郎は知らなくて当然だ。

どこも素晴らしいところだけど、人それぞれの日本三景があってもかまわないって、僕は思うよ。

日本三景がどこなのか、はこの石碑にちゃんと書いてある。

今はクリックで検索の世の中だけどね。

日本三景って?

安芸の宮島

丹後の天橋立

陸前の松島

 

ミル

ところで……。
旧国名はきちんと分っているかな?

宮島は広島県、天橋立は京都、松島は宮城県です。

 

桟橋付近観光案内版類写真

平清盛像

宮島、っていうと、とっても穏やかな島って響きなんだけど。

だからこのサイトも「みやじま・えりゅしおん」って名付けたんだ。

だけど、「厳島」って言った途端に、なんだか怖いところになるね……。

五郎

ん? そこらじゅうに合戦跡ってあるけど。誰が神社で戰なんかしたんだろ? 毛利元……。

ミル

こらこら、あれこれ目移りしないの!!

五郎

どっかできいたことのある名前が書いてある気がしたのに……。

ミル

そんなん、どうでもいい。宮島で一番有名なのはこの人だよ!!

五郎

清盛入道じゃん。デカい……。俺もこんなふうに大きな像をつくってもらうんだ! できたらこの宮島の海が見える場所がいいなぁ。そのためには、将来何か、どでかいことをしないとだな。この島で!

ミル

君の像は建ってないけど、この島ではとっても有名な人になったよ……。

宮島で一番有名な人は平清盛ではなく、弘法大師かもしれない。
いや、やっぱり清盛かな?
序列なんてつけられないね……。

どこかのホームページで宮島の四大有名人、みたいな人物紹介があったんだ。
弘法大師、平清盛、毛利元就、豊臣秀吉の四人だと。
確かに、そんなところだろうって思うけどね。
ちなみに、四人の「偉人」というテーマでした。

実際には、もっと大勢の有名人がいるし。 スケールはともかく、もっと愛されている人たちが大勢いる。
誰が一番とか、分らないよ。

宮島ゆかりの有名人

弘法大師、平清盛、毛利元就、豊臣秀吉

※特にきまりはない。お好みでアレンジ可能。

追加、削除、順番変更ご自由にどうぞ。

 

大鳥居は修理中

厳島神社の大鳥居は修理中。
シンボルみたいなものなのに、見ることができないなんて。

五郎

せっかくこの俺が見に来たのに工事中だなんて。

ミル

つぎにまた来る理由ができたじゃない。

五郎

そっかー。厳島なんて俺の家の隣みたいなもんだからな。

確かに近いんだよね。
山口からより、周南のほうがもっと近いし。

大鳥居が見れなくて残念……。
そう思って歩いていたら、海の中に鳥居を発見!

じつは海に浮かぶ鳥居って、厳島神社だけではないのね。

何かのテレビドラマで鳥居が海に浮かんでいるのを見た時、おわっとなった。

まあ、これは厳島神社の境外摂社・長浜神社のものだけどね。

五郎

「浮かんでいる」というより、単に海辺にあるんじゃないか?

ミル

潮が引いている時に言うな。大鳥居だって歩いて行ける時間帯はあるのだ。
(ここは分んないけど)

ん? 境外摂社って何か、って?

大きめの神社には、いくつかの付属神社みたいな社がついていたりするでしょ?
神社の中にまた神社?
というアレね。

厳島神社のホームページには、「境外摂末社」として合計十五の神社が紹介されている。
さて、僕たちはそのすべてをコンプリートすることができるのだろうか?

トップバッターがこの、海辺に鳥居が立つ長浜神社だった。

長浜神社

境外摂社

御祭神:興津彦命、興津姫命、所翁

 

長浜神社

-五郎とミルの旅日記